Japan-Sri Lanka Friendship Baseball Association

日本・スリランカ野球友好協会

~野球を通じて両国の友好関係構築に貢献~

 2002年にJICA青年海外協力隊(野球隊員) が派遣されたことをきっかけに、スリランカ野球は少しずつ発展を遂げてきております。当時は、高校レベルの野球チームが国内に8つ程度でしたが、現在ではの倍以上の高校で野球がされており、大学でも11大学に野球部が存在し、陸海空軍でも野球がされております。

 

 2002年から、スリランカの野球指導に携わったJICA関係者は10名を超え、さらには数えきれないほど多くの日本人の方々などが支援してくれており、2017年に実施された西アジアカップでは、初めてパキスタンを倒して優勝。同年10月に台湾で開催されたアジア上位8か国が参加できるアジアチャンピオンシップに出場するに至りました。

 

 2019年4月1日現在、JICA青年海外協力隊(野球隊員)は2名が派遣されており、様々な困難に直面しながら、スリランカ野球発展と両国の信頼関係構築のために情熱を注いでおります。

 

 また、2019年7月には、スリランカにおいて初めての野球の国際大会(西アジアカップ)が開催される予定です。この大会は2020年の東京オリンピックの一次予選となります。